美容液ダイエットシェイクでどんどん痩せても、リバウンドには気を付けて!

リバウンドのメカニズムとは?ダイエットシェイクの注意点

 

大幅なカロリー制限を期待できる置き換えダイエットですが、

 

ここでリバウンドのリスクについて注意したいことがあるます。

 

 

1食または2食を置き換えることによって、
1日に500〜1000キロカロリーも削減できて
ダイエット効果は抜群で、とても効果があるように思えます。

 

 

カロリー制限をすると、はじめはどんどん体重が減ってきて
手応えを感じて、意外と簡単に目標まで達成できる予感を
抱いた経験がある人も少なくないと思います。

 

しかし、途中である時減量のペースがなぜか止まってしまう時
訪れるかもしれません。

 

これが停滞期です!

 

真面目に摂取カロリーを計算して毎日頑張ってるのに、なぜ??

 

 

これは、急激にカロリーを落としたため、
人間の体が本来持っている機能が働いているからです。

 

 

停滞期は痩せにくいけど、止めちゃダメ!

 

多くの情報で、ダイエットは1日300キロカロリーの削減や、
1ヶ月に1キロ程度の減量を推奨しているのは根拠があります。

 

大幅なカロリー制限をして、脳が「体が飢餓状態にある!」と判断し、
消費カロリーを少なくして摂取した食べ物から余分にエネルギーを吸収
しているからです。

 

 

順調にダイエットしているはずなのに、体の中では消費カロリーを抑えて、
摂取カロリーを多くするとう、逆行した現象が起こっているのです。

 

この時にモチベーションが下がって、
ダイエットをする以前の食生活に戻るとリバウンドします。

 

以前の食生活に戻っても、体の働きはダイエットの停滞期から変わっていません。

 

消費カロリーは少なく、摂取カロリーは多いままなので、
食事だけが元に戻ってしまうとダイエット前より、
多くのエネルギーを蓄えて太ってしまうのです。

 

 

この機能は「ホメオスタシス」という名前の機能ですが、
一番働くのは体重が一カ月で5%減った時に強く働くと言われています。

 

また、低カロリー生活に慣れホメオスタシスの働きがなくなるまで
約1ヶ月とも言われています。

 

なので、体重が減ったことだけをモチベーションにして厳しいダイエットを
してしますと、この停滞期に来た時に心が折れてやめてしまい、
最悪リバウンドという結果を招くことになるのです。

 

 

コツは、気長にコンスタントに

 

例えば私なんかは、
毎日300キロカロリー以上を削減できていれば、よしとしました。

 

また、週末の息抜きとか職場の誘いなどあった時は、
無理せずダイエットをお休みして、適度にストレスを抜いてた方が、
かえって継続をするために大事だったりします。

 

 

なので、短期ではあまり大きな効果を過度に期待しないで、
少しずつ体重を減らしながら、食べる量を減らした生活に慣れて
ダイエットをやめた後も太らない食習慣を身に付けることに成功しました。

 

 

なんでダイエットが必要になったを考えること

 

目標の体重を達成した後、ダイエットをやめて
以前と同じように生活をしてしまったらまた同じように太っていきます。

 

 

一時的にやせるならまだしも、
太っている自分が嫌で、痩せてキレイに変わりたい!、ですよね?

 

 

そして痩せ続けるのであれば、
生活習慣も変え続けなければいけないということです。

 

 

自分が太っていた原因は何か?

 

答えはもう出ているはずです。

 

 

綺麗に痩せるための、栄養成分の情報はこちら